特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

先住民の感染爆発に懸念 アマゾンの熱帯雨林、医療インフラ乏しく 新型コロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
各集落をつなぐラジオで通信するブラジルの先住民ヤノマミ族の男性ら=ダリオさん提供
各集落をつなぐラジオで通信するブラジルの先住民ヤノマミ族の男性ら=ダリオさん提供

 新型コロナウイルスの感染が拡大する南米ブラジルで、アマゾンの熱帯雨林に暮らす先住民集落での感染爆発が懸念されている。先住民は都市生活から距離を置いてきたため、これまでも免疫を持たない病気が流行し、多くの犠牲者を出してきたからだ。医療体制も脆弱(ぜいじゃく)だ。先住民の指導者や支援団体による必死の対応が続いている。

 ブラジルでは約300民族の先住民約100万人が全土に散らばって暮らす。特に北部アマゾナス州やロライマ州の先住民保護区内では、電気や水道などがほとんどない孤立した集落で伝統的な生活を送る人々が多い。

 新型ウイルスの流行は、まだ最大都市サンパウロなど都市部が中心だ。しかし、ヤノマミ族の指導者、ダリオさん(26)は毎日新聞の電話取材に「祖父や父の世代は、結核やはしかなど外からやってきた病気で次々…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1150文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集