メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、5月に有人宇宙飛行 スペースシャトル退役後初、9年ぶり再開

5月に打ち上げ予定の有人型ドラゴン宇宙船=スペースX提供・共同

 米航空宇宙局(NASA)は17日、米宇宙企業スペースXが開発した有人型ドラゴン宇宙船を5月27日、初めて人を乗せて打ち上げると発表した。NASAの男性飛行士2人が搭乗する。米国では2011年にスペースシャトルを引退させた後、自国の宇宙船による有人飛行は途絶えており、9年ぶりの再開となる。

 南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから5月27日午後4時32分(日本時間28日午前5時32分)にファルコン9ロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)に接続させる。地球への帰還も含めて成功すれば、次の打ち上げで日本人飛行士の野口聡一さん(55)がNASAの3人と共に搭乗する予定。

 5月の初の有人飛行で乗り組むのはダグラス・ハーレーさんとロバート・ベンケンさん。2人ともスペースシャトルで2回、飛行経験がある。ISSに滞在する期間は今後決める。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです