メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナでがんの治療は?検査は? 臨床腫瘍学会が患者向けQ&Aを公表

新型コロナウイルスに関するがん患者向けのQ&A=日本臨床腫瘍学会のウェブサイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本臨床腫瘍学会は、がん患者の感染リスクや治療の進め方などについてまとめたQ&Aをウェブサイト(https://www.jsmo.or.jp/general/coronavirus-information/qa.html)で公開した。米国では感染者増加に伴い治療を延期するケースも出ているが、同学会の石岡千加史理事長は「治療が遅れることで命に関わる場合もあるので、自己判断せず主治医と相談してほしい」としている。

 抗がん剤投与などの化学療法を受けている患者は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクが高いとされている。抗がん剤によって免疫が抑えられ、侵入してきたウイルスなど異物を攻撃するリンパ球が減っているためだ。新型コロナウイルスを巡っては各地で院内感染が相次いでおり、患者の間には治療を継続できるか心配する声もある。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです