買いだめ、自炊生活で栄養に偏り IT分析ベンチャーが購買データ分析、改善提言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
購買データ分析から栄養面のアドバイスをするアプリを手がけるITベンチャー「シルタス」の小原一樹CEO=シルタス提供
購買データ分析から栄養面のアドバイスをするアプリを手がけるITベンチャー「シルタス」の小原一樹CEO=シルタス提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出を減らそうと買いだめをしたり、子どもの休校・休園や、自分や家族の在宅勤務で自炊したりする人も多いだろう。今、どんな食材が売れているのか、栄養面で気をつけるべきことはあるのか、ベンチャー企業のIT(情報技術)で探った。【岡大介/統合デジタル取材センター】

保存ができ、簡単に作れるものが人気

 「傾向は大きく二つ、買いだめに適した長期保存できるものと、昼などに簡単に作れるものが売れていますね」。スーパーなどでの購買データを分析して栄養面のアドバイスを提供するベンチャー「シルタス」(東京都港区)の小原一樹・最高経営責任者(CEO)はこう語る。シルタスは、アプリを通じて利用者の購買データを集約しており、今年3月と前年3月の売れた食材の種類、数量を比較した。

 分析によると、主食は買いだめの定番のカップ麺が前年比4倍を超えた。食パンも4倍超となった。通常の買いだめでは対象にならなそうな野菜も、自炊の機会が増えたため伸びている。

 野菜類で目立つのは意外にもエノキで、前年比10倍を超えた。他にはキャベツが6倍、大根、タマネギが4倍、ネギが3倍だった。いずれも比較的安く、保存に適した野菜ばかりで、小原さんは「感染リスクを減らすために買い物は控えたい。『それなら安く、使い回しがきいて、冷凍して保存がきくものを』という心理が働いたのではないか」と推測する。

 一方、調理しやすい形のカット野菜が4倍以上、大根サラダも3倍に伸びており、料理に慣れない人も「野菜を取ろう」と栄養面で一定程度意識している姿も浮かんでくる。

 肉類では、ロースハムが3倍になるなど、生肉より加工肉の購買が伸びている。長時間自宅にいることから、菓子類も、せんべい類が1・5倍、ポテトチップスが1・2倍となった。

ビタミンA、D、B12が不足ぎみ

 こうした購買動向からシルタスの管理栄養士が分析したところ、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12が不足する懸念があるという。ビタミンAは美容や免疫力…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文2079文字)

あわせて読みたい

注目の特集