連載

ぐるっと東北

「みちのく」の各地から地域のさまざまな話題をお届けします。

連載一覧

ぐるっと東北

JR大館駅新駅舎構想 22年度完成予定 秋田杉の香りまとって /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外観は秋田杉の木目調縦格子のデザイン=大館市提供
外観は秋田杉の木目調縦格子のデザイン=大館市提供

 大館市はJR大館駅と市の公共施設を合築した新駅舎建設構想の基本設計をまとめ、市議会に報告した。新駅舎は現駅舎西側に計画され、2022年度に完成予定。概算事業費は約25億円。

 市企画調整課によると、新駅舎は鉄骨一部2階建てで、延べ約1320平方メートル。秋田杉を強調し、木の香りが漂う施設にするため、木目調のルーバー(縦格子)を外観にデザインし、天井や内装にも木材を多用する。

 1、2階合わせて約850平方メートルのJR施設には、改札▽待合室▽事務室――などを、1階の市施設約470平方メートルにはイベントホール▽多目的スペース▽バス発券カウンター▽トイレ――などが設けられる。駅前広場は車道をロータリー化し、駐車場(22台分)、駐輪場(66台収容)を整備する。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文471文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集