メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿最古級、横穴式石室か 陵山古墳の研究まとめる 橋本市教委 /和歌山

 半世紀ほど前に発掘調査が行われた橋本市古佐田の「陵山(みささぎやま)古墳」について、市教委は報告書「陵山古墳の研究」にまとめた。遺物などを分析した研究者らは、これまで5世紀末~6世紀初めごろとみられていた同古墳の築造年代について、5世紀半ばから後半とみている。同古墳の石室は、横穴式石室としては近畿で最古級だという。

 同古墳は県内最大規模の円墳(直径46メートル)で、1903年と52年、73年に発掘調査が行われた。2003年に開いていた石室への通路が埋め戻された。県内外の研究者らが今回、市教委などが所蔵する土器や埴輪(はにわ)、調査で残された模写図や石室の実測図などを分析した。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです