メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

ペアレントメンター 武田信子さん(65) 障害者の存在伝える /島根

発達障害や知的障害のある子供たちやその保護者を支援する武田信子さん=松江市北田町で、小坂春乃撮影

 NPO法人「松江市手をつなぐ育成会」代表で、発達障害の子を持つ親に寄り添う「ペアレントメンター」の一人。当事者が社会と関わるきっかけを作り、子育ての悩みを受け止める役目を担い続けているのは、1977年に22歳で出産した長男の子育て経験が大きく影響している。

 なかなか歩かず、発語もない。おむつも取れない。年子の長女は1歳前からおしゃべりを始めたのに――。緊張状態を保つことができず、手足がだらんと力なく伸びてしまう息子への冷たい視線を感じ、検診に行くのもつらかった。医師からはっきりと病名を告げられたのは3歳を過ぎた頃。知的障害を伴う「神経線維腫症Ⅰ型」で、1歳8カ月相当の発達だと伝えられ、ぼうぜんとした。

 気持ちに変化をもたらしたのは島根大付属小の特殊学級(当時)で出会った約20人の「ママ友」だ。怒っても言うことを聞かない息子が壁を落書きだらけにした話をすると、「うちなんて床にサラダ油まかれたわ」。頑張っているのは自分だけでないと気づき、肩の力が抜けた。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです