メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「しんじょう君」民間へ 元須崎市職員・守時さん、会社設立 市と随意契約「須崎盛り上げたい」 /高知

会社を設立した守時健さん(左)としんじょう君=須崎市で、松原由佳撮影

 須崎市のキャラクター「しんじょう君」の運営が4月から民間委託された。委託先は、しんじょう君人気の「仕掛け人」とも称される元須崎市役所職員、守時健さん(34)が設立した会社。守時さんは「須崎市や県を盛り上げていきたい」と意気込みを語る。【松原由佳】

 しんじょう君は2013年に現在の姿にリニューアルし、16年には「ゆるキャラグランプリ」で頂点に。その後もeスポーツやDJに挑戦するなど活動の幅を広げ、人気を博している。

 そんなしんじょう君を隣で支えてきたのが、守時さんだ。約7年にわたり共に歩んできたが、「事業発展のためには民間でやる方が良い」と考え、今年2月に市役所を退職。3月に株式会社「パンクチュアル」を設立した。須崎市としんじょう君事業を2800万円で随意契約。須崎市のふるさと納税事業の寄付者への書類発送業務や問い合わせの対応なども委託された。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです