メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

義太夫節の「師匠」 豊竹呂太夫さんの巻

対談する豊竹呂太夫さん(左)と桂南光さん=望月亮一撮影

 義太夫節を語る太夫、三味線、そして3人の人形遣いが操る人形。大阪が生んだ人形浄瑠璃文楽は、この「三業」が一体となって物語を描く、世界に類を見ない伝統芸能です。桂南光さんは大阪・日本橋の国立文楽劇場に毎公演、足を運ぶだけでなく、自身も義太夫節を習い「生まれ変わったら太夫になりたい」と語るほどの大ファン。「60歳で一人前」とも言われ、ひときわ厳しい修業の世界に生きる「太夫さん」の芸道に触れるべく、師匠でもある豊竹呂太夫さんを訪ねました。【山田夢留】

 桂南光 落語には浄瑠璃のパロディーもあるので軽く教えてもらえたらと、8年前に初めてお稽古(けいこ)に寄せてもろたんですが、お師匠さんがごっつ真剣に教えてくれはるんで驚きました。私らも素人さんに教えることあるけど、「まあまあ、そんなもんでんなあ」言うてね。ところが、お師匠さんは「もっぺん。もっぺん。もっぺん」て妥協しはらへん。

 豊竹呂太夫 プロに教えるより、逆にほんとのこと教えてるかもわからん。やっぱりうまくなってもらいたいし、ちょっとでもうまくなったら気持ちええでしょ。月1回のカルチャースクールには毎回、1人か2人新しい生徒さんが来ますが、声出すと必ずハマるんです。義太夫教室はワンダーランドですよ。

この記事は有料記事です。

残り2278文字(全文2807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです