連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 脚本家・橋田寿賀子さん・94歳

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=静岡県熱海市で2020年2月4日、長谷川直亮撮影
=静岡県熱海市で2020年2月4日、長谷川直亮撮影

「おしん」で問うた戦争責任

 JR熱海駅から乗ったタクシーは脇道にそれ、坂道に入った。上へ上へ。急な傾斜をものともせず、ひたすら上っていく。どこまで上っていくのだろうと少し不安になった頃、一軒の家の前にタクシーは停車した。膝の痛みを押して玄関前で待っていてくれた橋田寿賀子さんは「遠くまでようこそいらっしゃいました。初めての方は皆さん『どこへ連れて行かれるのかと思った』っておっしゃるから」と楽しそうに笑った。

 大正生まれの94歳。幼少期は両親の仕事の事情で、韓国、東京、大阪を転々とした。1937年、与謝野晶子も学んだ大阪府立堺高等女学校に入学した。日中が全面戦争に突入した年のことである。同年12月13日、日本軍が当時の中国の首都、南京を占領。翌14日、堺ではちょうちん行列が行われたという。橋田さんもその行列の中にいた。

この記事は有料記事です。

残り2594文字(全文2956文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集