メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 脚本家・橋田寿賀子さん・94歳

=静岡県熱海市で2020年2月4日、長谷川直亮撮影

 JR熱海駅から乗ったタクシーは脇道にそれ、坂道に入った。上へ上へ。急な傾斜をものともせず、ひたすら上っていく。どこまで上っていくのだろうと少し不安になった頃、一軒の家の前にタクシーは停車した。膝の痛みを押して玄関前で待っていてくれた橋田寿賀子さんは「遠くまでようこそいらっしゃいました。初めての方は皆さん『どこへ連れて行かれるのかと思った』っておっしゃるから」と楽しそうに笑った。

 大正生まれの94歳。幼少期は両親の仕事の事情で、韓国、東京、大阪を転々とした。1937年、与謝野晶子も学んだ大阪府立堺高等女学校に入学した。日中が全面戦争に突入した年のことである。同年12月13日、日本軍が当時の中国の首都、南京を占領。翌14日、堺ではちょうちん行列が行われたという。橋田さんもその行列の中にいた。

この記事は有料記事です。

残り2607文字(全文2956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです