メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフト界、女性が新風 「男社会」で国内初の監督 関西外大・沢木さん「選手の夢支える」

関西外国語大アメリカンフットボール部の監督に就任した沢木由衣さん=大阪市で2020年3月22日午前11時45分、田中将隆撮影

 アメリカンフットボールの男子チームに、国内初の女性監督が誕生した。関西学生リーグ4部の関西外国語大を今季から率いる沢木由衣さん(29)。アメフト界の女性人口は極端に少ない。日本協会によると、2019年の競技人口約1万6000人のうち女性は9人。女子は2チームしかなく、試合は行えていない。また、沢木さん自身は競技経験もない。「男社会」のイメージが強いアメフト界に、一石を投じる挑戦が始まる。

 日本協会元理事長の古川明さん(89)は「日本のアメフト界で女性監督は聞いたことがない」と語る。一方、関西学生連盟の山田恒治専務理事(61)は「分析スタッフには、細やかなことに行き届く女性も多い。女性ファンの興味も増えるのではないか」と歓迎する。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです