衆院4区補選 与野党、政策熱く訴え 選挙サンデー、聴衆少なく /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府の新型コロナウイルス感染症対策を批判する4野党推薦の田中健氏=静岡市で
政府の新型コロナウイルス感染症対策を批判する4野党推薦の田中健氏=静岡市で

 望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区の補欠選挙は19日、選挙運動期間中で唯一の日曜日となる「選挙サンデー」を迎えた。無所属の新人、田中健氏(42)の街頭演説は推薦する野党4党の県連幹部らがそろい踏み。自民党の新人、深沢陽一氏(43)=公明推薦=は富士宮市内で街頭演説を重ねた。新型コロナウイルスの感染が拡大して緊急事態宣言の対象が全国に広がり、聴衆が少なかったものの、全国的に注目される与野党対決を制するため、候補者は政策を熱く訴えた。【山田英之、古川幸奈】

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1468文字)

あわせて読みたい

注目の特集