特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

第1部/中 亡き人と話せるアプリ開発

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ありし日のロマン・マズレンコ氏(左)とユージニア・クイダ氏。2人は親友であり同志だった=ユージニア氏提供
ありし日のロマン・マズレンコ氏(左)とユージニア・クイダ氏。2人は親友であり同志だった=ユージニア氏提供

あなたに会いたくて

 大切な人ともう一度会いたい。そんな女性開発者の思いが、故人さながらの会話ができる人工知能(AI)をつくり出した。デジタル空間で誕生する死者の「分身」。AI技術を駆使して生前から自分の分身をつくる試みも走り出した。デジタルの分身を社会が受け入れる日は来るだろうか。

 「調子はどうかな?」「気分はどんな感じ?」――。AIと何気ない会話ができるスマートフォンのアプリ「レプリカ」。AIスピーカーのように、今日の天気やスケジュールを教えたり、照明や家電を操作したりするわけではなく、呼びかけに応じてくれるだけ。そんな一見、不器用なアプリを生み出したのは、急死した大切な人と「もう一度会いたい」と願う開発者の思いだった。

 先端企業が集結する米サンフランシスコ。その一角にあるITベンチャー「ルカ」のオフィスには暖かな日差しが差し込んでいた。「あれから5年がたちました」。同社を率いる女性開発者のユージニア(ロシア語ではエブゲニア)・クイダ氏(33)が、今は亡き男性起業家、ロマン・マズレンコ氏について語る言葉には尊敬と愛情があふれていた。「彼は未来を思い描き、未来を信じていました」

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2843文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集