メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 人気跳ねるトランポリン 外出自粛、家遊びに購入増

トランポリンを楽しむ男児。安全性を考慮し手すりも販売されている=ダバダ提供

 来夏に延期となった東京オリンピックで日本選手の活躍が期待される競技が、子どもに人気だ。跳んではねて楽しめるトランポリンだ。新型コロナウイルスの感染拡大で自宅生活を余儀なくされる中、家庭用の国内メーカーの売り上げはここ1カ月で例年の約3倍に伸び、生産が追いつかない状態という。人気の理由を探った。

 ポーン、ポーンと弾力性のある素材の上で無邪気に跳ねる幼い女の子。東京都内のマンションで夫、長女と暮らす30代の女性は新型コロナが拡大し始めた3月上旬、トランポリン用器具が自宅遊びに適しているという話を耳にして購入した。「思っていたより音は気にならず、子どもを遊ばせることができる」。外出の自粛要請が続く中、運動不足解消に役立てている。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でも、「子どもたちの元気が有り余りすぎている」「外出できずスポーツジムにも通えない」などと購入の経緯が投稿されている。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです