代替演劇祭、ネット上で 「ふじのくに」を中止のSPAC

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、SPAC(静岡県舞台芸術センター)は4~5月に予定していた「ふじのくに⇄せかい演劇祭2020」の開催を中止した。一方、会期中に「くものうえ⇅せかい演劇祭2020」を開催すると発表した。

 当初の演劇祭では、芸術総監督の宮城聰演出「おちょこの傘持つメリー・ポピンズ」のほか、ワジディ・ムアワッドの「空を飛べたなら」、キリル・セレブレンニコフの「OUTSIDE」など海外からの招へい作品の上演を予定してい…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集