メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

まちづくりを学ぶ場 宇都宮大 地域デザイン科学部 /栃木

 経済、心理、観光、里山、食文化……。これらすべてをまちづくりに関わる専門科目として学び、県内の公的機関やNPOなどで実践する新学部「地域デザイン科学部」が、宇都宮大学にできて丸4年がたち、今年3月に初の卒業生が巣立った。開設3年目に入学した記者が新しい学びの現場を取材した。【宇都宮大学地域デザイン科学部3年・篠原紬】

この記事は有料記事です。

残り3532文字(全文3692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  4. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです