メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 総菜、弁当おいしいよ 飲食店、テークアウト拡大 商工会などが紹介サイト /埼玉

「裏門通り」では、多くの店先で持ち帰り用の総菜が並んでいる=さいたま市浦和区で

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、県内の飲食店ではテークアウトに対応する動きが広がっている。キャバレーやナイトクラブなどを除く飲食店は休業要請の対象になっていないが、大野元裕知事は17日から午後7時以降の酒類提供を自粛するよう要請しており、この動きは今後も加速しそうだ。また自治体や商工会も対応店を紹介するサイトを次々と立ち上げ、支援に乗り出している。

 さいたま市浦和区で飲食店が軒を連ねる「裏門通り」。居酒屋などの店先に作りたての総菜が並び、サラリーマンや主婦らが足を止めて見入る光景が日常になってきた。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです