メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローンを使い、茶畑管理の実験 入間の生産者 /埼玉

畑の状態がモニターで確認できる機材でドローンを飛ばしている=埼玉県入間市上谷ケ貫で

 狭山茶の主産地・入間市の生産者「増岡園」が、ドローン(小型無人機)を使った茶畑管理の実証実験を続けている。現在は稲作用ドローンを開発した業者も参加し、空撮画像による育成状況の把握に取り組んでいる。

 生産者の高齢化や担い手不足が課題となっており、ドローンを使って茶の育成を管理することで、省力化を目指している。…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです