メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

新種ケール使用、牛丼新メニュー 「すき家」で販売 /埼玉

トキタ種苗が開発したカリーノケールを使った、すき家の「ケー‌ル‌レ‌タ‌ス‌牛‌丼」=ゼンショーホールディングス提供

 トキタ種苗(本社・さいたま市見沼区)が開発した「カリーノケール」を使用した牛丼の新メニュー「ケールレタス牛丼」(並盛り550円)が5月中旬まで、牛丼の全国チェーン「すき家」で販売されている。

 ケールはキャベツに似たアブラナ科の野菜で、栄養価の高さから野菜の王様と呼ばれ、青汁の原料としても知られる。トキタ種苗は、青臭さや苦みがなく、サラダなど生食…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです