メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ マスクとフェースシールド 県、安定供給へ 障害者施設などに製造委託 /山梨

県産業技術センターで作られた新型コロナウイルス感染防止用のフェースシールド=山梨県庁で

 県は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地で不足気味のマスクや飛沫(ひまつ)防止用のフェースシールドを県内で製造し、必要な現場に安定供給するための仕組みを発表した。障害者施設や中小企業にそれぞれ製造のノウハウを伝え、県が完成品を買い取って、医療現場や幼稚園などに供給する。

 長崎幸太郎知事が20日の臨時記者会見で発表した「ふんばろう!やまなしプロジェクト」の一環で、感染防護用品の確保と経済支援を併せた措置。

 県によると、マスクは就労機会が減った県内の障害者施設に製作を委託。そこで作られるマスクを県が買い取り、幼稚園や保育園、児童養護施設などに供給する。20日現在で28カ所の障害者施設が賛同した。今後、県が製作支援やミシンなどの確保に当たる。買い取り価格や素材については検討中という。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです