メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

新型コロナの対処法=京都大准教授・宮沢孝幸氏

京都大准教授 宮沢孝幸氏=永山悦子撮影

 新型コロナウイルスの感染はどうすれば防げるのか。ツイッターで「『移さんこと』に意識を集中する」「他人と食事する時は黙れ」「危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ」と、命令調ながら分かりやすく行動変容を呼びかけた宮沢孝幸・京都大准教授に、ウイルス学者として発信した意図を聞いた。【聞き手・永山悦子】

――3月下旬に発信したツイートが12万回近くリツイートされ、大きな反響を呼んでいます。

 ◆緊急事態宣言が出され、厳しい行動抑制が求められています。しかし、このような生活を長く続けることは難しいでしょう。そこで、ウイルス学者として「誰もが感染しているという前提に立って、そもそも感染しないためにすべきこと」を伝えようと考えました。内容は「手をよく洗う」「飛沫(ひまつ)には触れないようにする」など小学生も理解できるものです。ウイルスがどうやってうつるのかを分かったうえで行動すれば、極端な…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1966文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです