メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書店、台湾で再起へ 中国当局拘束の元店長「うれしい」

台北市中心部で開業準備を進める「銅鑼湾書店」で撮影に応じる林栄基さん=台北市で2020年4月14日午後2時34分、福岡静哉撮影

 中国共産党が禁書とする書籍を販売して閉店に追い込まれた香港の「銅鑼湾書店」の元店長、林栄基さん(64)が25日、台北市に同じ名称の書店を開業する。2019年4月に台湾に移住し、書店の再開計画を進めていた。

 林さんは毎日新聞の取材に対し「自由と民主主義の空気に満ちた台湾で『銅鑼湾書店』を開けるのは本当にうれしい」と語る。

 広さ約60平方メートルの書店は、台北市中心部のビルに入居する。政治、歴史、文化、共産党研究や香港の市民運動など幅広い分野の書物が並ぶ。店内には、19年6月から香港で続く政府への抗議デモのスローガン「光復香港 時代革命」(香港を取り戻せ 今こそ革命の時だ)と記した旗や、「台湾独立」の旗を掲げている。クラウドファンディングで資金を募ったところ、600万台湾ドル(約2100万円)が集まり、台湾政府から…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文749文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです