メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第1部/下 仲人さんはAI 共通点見えぬ2人、引き合わす

AIの紹介で出会い、結婚した渡辺ユウヤさん、キョウ子さん夫妻(いずれも仮名)=栃木県那須塩原市で2020年2月、清水憲司撮影

 人と人のつながりは、顔を突き合わせた対話から、古くは電話、近年はSNS(ネット交流サービス)の登場で大きな変化を遂げてきた。そして人工知能(AI)は、私たちの出会いにさえ影響を及ぼし始めている。

 「奇跡的だった」。昨年7月に結婚した高橋コウイチさん(51)とヤス子さん(47)=いずれも仮名=を引き合わせたのは、婚活支援会社「パートナーエージェント」(東京)が開発したAIだ。

 埼玉県が少子化対策の一環として運営し、このAIを導入している「出会いサポートセンター」に2人が登録したのは2年前の夏。まず約100問のアンケートに答え、「自分に正直」「相手に共感」「周囲との協調」といった12項目について、「自分が重視する価値観」と「相手に求める価値観」をそれぞれ測定する。AIは過去、どんな価値観のカップルが結婚に至ったかデータを分析。それらと似た組み合わせは「うまくいく」と判断…

この記事は有料記事です。

残り2692文字(全文3081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです