メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む 1年延期、アスリートが今思うこと

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピックが1年延期となった。選手はさまざまな思いを抱いている。リレーコラム「アスリート交差点」の選手たちに思いを聞いた。

社会へ発信 バドミントン・奥原希望

 東京五輪を「競技人生最大の目標」と位置づけていたバドミントン女子シングルスの奥原希望(25)=太陽ホールディングス。延期されるかどうか先行き不透明な日々に目標を見失いかけた時、支えになった思いや経験とは――。書面を通じたインタビューで胸の内を語った。【聞き手・小林悠太】

 ――伝統ある全英オープン(3月11~15日、バーミンガム)で4強入りを果たし、帰国した3月17日から2週間の「自宅待機」となりました。どのような思いで過ごしていましたか。

この記事は有料記事です。

残り2869文字(全文3204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです