メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 今は島に来ないで 伊豆・小笠原、医療崩壊危惧

来島自粛が呼びかけられる中、伊豆大島に釣り旅行に向かう若者ら=東京都港区の竹芝客船ターミナル2020年4月11日

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染者ゼロを死守する東京都の島しょ部9町村(伊豆・小笠原諸島)は、観光シーズンの到来を控え、来島の自粛を呼びかけている。医療体制が脆弱(ぜいじゃく)で、島内で治療できない上に、重篤化のリスクが高い高齢者が多いからだ。島民は「観光客を介してウイルスが持ち込まれたら、島の存続も危うい」と危機感を募らせている。

 「感染者が発生した場合、医療崩壊に直結することが危惧されます。不要不急の来島の自粛をお願いする」。都心の南約300キロに浮かぶ八丈町(八丈島)のホームページには、こんな呼びかけが出されている。4月上旬、島しょ部の9町村は一斉に同様の声明を出した。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです