特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オムロン元社長の立石義雄氏死去 新型コロナ感染症のため

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立石義雄・元オムロン社長
立石義雄・元オムロン社長

 新型コロナウイルスに感染して療養中だった元オムロン社長で、前京都商工会議所会頭の立石義雄(たていし・よしお)さんが21日、新型コロナウイルス感染症のため死去した。80歳。葬儀は近親者で営む。喪主は長男郁雄(いくお)さん。

 立石さんは1日に倦怠(けんたい)感を覚え、2日に発熱。5日に受診した医療機関で肺炎が確認され入院した。6日に新型コロナウイルスの感染が確認された。

 大阪府出身。立石電機(現オムロン)を創業した立石一真(かずま)さんの三男。同志社大卒業後、1963年に立石電機に入社。専務を経て、87年に社長に就任した。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文570文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集