公取委「銀行間送金の手数料値下げ」提言 「フィンテック」推進狙う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高い送金手数料がフィンテックの拡大を阻む
高い送金手数料がフィンテックの拡大を阻む

 公正取引委員会は21日、金融インフラの実態を調査した報告書を公表した。銀行間でやりとりされる送金手数料が高止まりしているとして、引き下げを提言。銀行の独占状態にある送金システムを、キャッシュレス決済や送金業者に開放することを検討するよう、改善を求めた。金融とITを融合した「フィンテック」を推進する狙いだが、顧客の振込手数料にも値下げ圧力が高まりそうだ。

 政府の未来投資会議は4月中にも、公取委の提言内容について議論を開始。6月に策定する成長戦略に対応を盛り込む見通し。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1067文字)

あわせて読みたい

ニュース特集