特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪・リハビリ病院で感染拡大 患者と接近、治療時間…専門家「3密」指摘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療従事者と患者の新型コロナウイルス感染が確認された「なみはやリハビリテーション病院」=大阪市生野区で2020年4月19日午前10時21分、本社ヘリから藤井達也撮影
医療従事者と患者の新型コロナウイルス感染が確認された「なみはやリハビリテーション病院」=大阪市生野区で2020年4月19日午前10時21分、本社ヘリから藤井達也撮影

 大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」(120床)で発生した新型コロナウイルスの院内感染は、最初の陽性確認から6日後に感染者98人を数える大規模クラスター(感染者集団)となった。大阪府によると、入院患者用のリハビリ室の利用者を中心に感染が広がっている。専門家は「3密」状態を生みやすい、リハビリ病院特有の環境の危険性を指摘する。

 大阪府や兵庫県尼崎市によると、最初の感染例は14日に確認された尼崎市の女性看護師。その後、19日までに大阪府で53人、尼崎市で1人が追加され、20日夜に新たに43人が加わり、合計98人に膨らんだ。府が確認している限りでは重症者はいないが、中等症とみられる感染者が数人いるという。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文874文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集