メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VOICES

休業補償は国の「投資」 中野のラーメン店主「一生懸命働いて税金で還元する」

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象が全国に拡大され、各地に自粛の波が広がっているが、地域の商店街などではまだ営業を続けている個人店も少なくない。休業してどうやって食べていくのか。でも店を開けていれば「不届き者」と思われるのでは――。政府が統一した休業支援策を示さず、自治体によって支援内容にバラつきがある状況下で、店主らは難しい選択を迫られている。【後藤由耶、加藤隆寛/写真映像報道センター】

 店を開けることにリスクがあるのはわかります。実際、「なんでお前のところは店を開けているんだ」と言われたこともありました。本心を言えば、私だって「ステイ・ホーム」したい。自分が感染源になって誰かに苦しい思いをさせたくはありませんから。でも、飯を食っていくためには店を開けなければいけない。個…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです