メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VOICES

休業補償は国の「投資」 中野のラーメン店主「一生懸命働いて税金で還元する」

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象が全国に拡大され、各地に自粛の波が広がっているが、地域の商店街などではまだ営業を続けている個人店も少なくない。休業してどうやって食べていくのか。でも店を開けていれば「不届き者」と思われるのでは――。政府が統一した休業支援策を示さず、自治体によって支援内容にバラつきがある状況下で、店主らは難しい選択を迫られている。【後藤由耶、加藤隆寛/写真映像報道センター】

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです