津波想定、各地で庁舎浸水 地元反発で非公表の地域も 巨大地震、自治体の苦悩

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震について、内閣府が発表した津波想定。各地で自治体庁舎が浸水することが明らかになった。その数は少なくとも北海道、青森、宮城、茨城の4道県で33に上る。庁舎の浸水は、災害対応の妨げになりかねない。東日本大震災の被災地も再び津波に襲われることが判明し、防災対策の練り直しを迫られている。

この記事は有料記事です。

残り2629文字(全文2786文字)

あわせて読みたい

注目の特集