メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県職員への10万円給付、コロナ対策に活用 湯崎知事「財源足りず…」

湯崎英彦広島県知事=広島県庁で、東久保逸夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い国が全国民に一律給付する10万円について、広島県の湯崎英彦知事は21日、県職員が受け取った分を県内事業者の休業支援などに活用する考えを示した。協力を呼びかける対象や、具体的な活用方法などは今後検討する。

 「緊急事態宣言」の対象地域になった広島県は98種の店舗や施設に対し、22日から5月6…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  3. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです