メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいこ場便り

手洗いやうがいを徹底 貴景勝、四股やすり足の基礎運動中心に汗流す

貴景勝=平川義之撮影

 大相撲の大関・貴景勝が21日、電話取材に応じ、近況を語った。新型コロナウイルスの感染予防として力士同士の密着を避けるため、日本相撲協会からぶつかり稽古(げいこ)を控えるよう通達が出される中で、四股やすり足などの基礎運動を中心に汗を流しているという。

 無観客で開催された3月の春場所は千秋楽で朝乃山に敗れて負け越し、当初より2週間延期された夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)はカド番…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです