メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

なお首相は自分が大事!?=与良正男

安倍晋三首相=東京都千代田区で2020年4月22日午前9時53分、竹内幹撮影

 なぜ、そこまで自分を守ろうとするのだろうか。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた支援策について、安倍晋三首相が「所得減少世帯に限り30万円」から一転、「全国民に一律10万円」に方針転換した。

 変更するのは当然だ。しかし、あまりに遅かった。しかも変更の理由を聞いて私は驚いた。

 首相は「世帯30万円」の方がスピーディーだと再三、説明してきた。ところが17日の国会で、首相は一律給付でも国民に届く時間の短縮が可能だと分かったと答弁。それを総務省から聞いたのはなんと15日夜だったというのだ。

 本当か。いつものつじつま合わせではないのかと誰でも疑う。緊急事態宣言の対象を突然、全国に広げたのは一律給付に変更するための大義名分にしようとしたのではないかという疑念も消えない。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです