メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートピックス

古代×現代2020-時空を超える日本のアート 直感で楽しむ古美術

「仏像×田根剛」=上野則宏氏撮影

 江戸美術ブームもあり、現代の視点から日本の古美術を展示する動きが近年続く。本展もその延長上にあるが、現代を生きる多分野の作家と組み合わせ、新たな魅力を引き出そうと試みた。

 「花鳥画×川内倫子」「刀剣×鴻池朋子」「北斎×しりあがり寿」「仙厓×菅木志雄」「円空×棚田康司」「仏像×田根剛」「乾山×皆川明」「蕭白×横尾忠則」――というラインアップ。建築家の田根は滋賀の古刹(こさつ)・西明寺に伝わる鎌倉時代の日光・月光(がっこう)菩薩(ぼさつ)立像を選んだ。両像から見いだした「光と祈り」を核に、寺でも、通常の仏像展でも見られない展示に挑戦した。

 暗い室内に勤行の声。上下する照明によって両像がほのかに照らされ、暗闇に戻る。展示で体験するのは寺に訪れる1日の時間の移ろいのようであり、鎌倉時代から重ねた時間のようでもある。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです