メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

没後25年 男と女の恋の思い出 文化放送のテレサ・テン追悼番組構成担当 山口克久さん

番組の収録に臨む弘兼憲史(右)と高島礼子(中央)ら=文化放送提供

 「つぐない」「時の流れに身をまかせ」などの名曲で知られる台湾出身の歌手、テレサ・テン。今年5月で没後25年を迎えることから、文化放送は彼女をしのぶ2時間のラジオトーク番組「男と女のつぐない テレサ・テン没後25年スペシャル」(5月1日午後7時)を放送する。

 漫画家の弘兼憲史がパーソナリティーで、女優の高島礼子らがゲスト出演。代表曲を紹介しながら、リスナーから募集した「つぐないたい恋」などのエピソードを語り合う。

 放送作家として、この番組の「構成」を担当し、進行手順を決めたり、流す曲を選んだりして放送の台本を作った。「私と同世代の人たちに、しばし恋の思い出に浸ってもらえたら」と話す。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. ソウル市長、失踪か 娘「遺言のような言葉残し外出」 元秘書がセクハラ訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです