メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ うなぎ弁当で元気に 浜松の11店、2200円で限定販売 /静岡

コロナによる売り上げの急減を受け、2200円うなぎ弁当の販売を発表する浜松うなぎ料理専門店振興会の高橋徳一会長(右)と蜂須賀強副会長=静岡県浜松市役所で

 浜松市の28店舗でつくる浜松うなぎ料理専門店振興会(高橋徳一会長)は、新型コロナウイルスの感染の拡大による国の緊急事態宣言以降、店舗の売上額が7~8割減に落ち込んでいるとして、加盟11店舗が1日20食限定でうなぎ弁当を2200円(税込み)で販売する「家食応援キャンペーン」を5月末まで実施すると発表した。

 浜松市役所で記者会見した高橋会長(70)は「売り上げが急減し、非常に困っている。何とか食べてもらいたく、テークアウトを始める。栄養価が高いうなぎを食べて元気になってほしい」とPR。販売する弁当は各店で異なるが、通常のうなぎ弁当(3300~3500円相当)よりも少しボリュームを抑えたかば焼きで、前日までに店舗に電話予約することが必要となる。配達してくれる店舗もあるという。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです