メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

窓辺の習慣 パリ支局・久野華代

 ベランダの手すりから、足がにゅっと飛び出している。別のベランダでは、男性が海水パンツ姿でパントマイムのまねごと。サングラスにビキニ姿で、窓辺で日光浴をしていた女性とは目が合った。手を振ってくれた。4月の週末、パリの気温は20度超。通りに笑い声が響く。

 新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため、フランスで3月17日に始まった外出禁止措置はもう1カ月以上。人々の「閉じこもり」生活にも新たな習慣が生まれている。通勤がなくなった…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです