連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

苦境の人々を和ませる花=農業ジャーナリスト・青山浩子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新潟市内は今、色鮮やかなチューリップが美しく咲いている。新潟県は富山県と並び、チューリップの球根の代表的産地だ。雪の下で球根が栄養を蓄え、ゆっくりと春を待つ。新潟県では101年前から商業用生産が始まり、第二次大戦前後は米国などに輸出され、外貨獲得にも貢献した。

 プラザ合意(1985年)後は価格競争力を失い、同県からの輸出はなくなったが、花として出荷する生産者が増えた。その後、再び大きな波が訪れた。88年、世界最大の生産国であるオランダの球根の輸入が自由化され、チューリップを含む同県での2017年の球根生産量は、90年の10%強まで減った。

 それでも、厳しく品質管理される同県産の球根への評価は高い。新潟県花卉(かき)球根農協(五泉市)によると、「切り花農家や球根を扱う業者から国産の球根は不足気味で、もっとほしいといわれる」そうだ。期待に応えようと県内の約100軒の農家がチューリップの球根づくりに励んでいる。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文692文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集