メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

味が全くわからない=答える人・田中真琴助教(日本大医学部・耳鼻咽喉科)

 Q 味が全くわからない

 5カ月前から味が全く分からなくなりました。神経内科で亜鉛不足と言われ、薬を5カ月間飲んでいますが、なかなかよくなりません。(大阪府、男性、82歳)

 A 亜鉛を補う薬服用で治療

 味覚は、食物などが体にいいかどうかを判断したり、食を楽しんだりするうえで大事な役割があります。通常、食物の中の物質が、舌や咽頭(いんとう)の粘膜にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる味細胞の塊と結合し、神経を介して電気信号が脳に伝わることで味を認識します。

 味覚障害の大きな要因の一つは亜鉛不足です。味細胞が機能せず、信号を脳に送れなくなるからです。2003年の調査によると、患者は国内に推定約24万人で、多くが高齢者です。亜鉛不足の原因としては摂取不足が考えられます。「日本人の食事摂取基準(20年)」では、1日当たり成人男性で11ミリグラム、成人女性で8ミリグラムを推奨しています。不足しないよう、1日にカキ五つ、豚や牛、鶏のレバー、赤身の肉などを意識…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです