メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎のクルーズ船「イタリアから協力要請、専門家派遣」 菅官房長官会見詳報

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月22日午前11時23分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大について、22日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。長崎市に停泊中のクルーズ船の乗員34人の感染が確認されたことについて、菅氏は「クルーズ船の旗国であるイタリア政府からの協力要請を受けて、厚生労働省から職員やクラスター対策の専門家を既に派遣した」と述べた。

 また1人当たり10万円の一律給付を巡って、広島県知事が県職員が受け取った分を県内の休業事業者の支援に使う考えを示したことに関連し、菅氏は「個々人が受け取る10万円の給付の使途については、個々人の判断に委ねられている。政府の立場でそれ以上のことは申し上げることは控えたい」と述べた。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り2212文字(全文2518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです