メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本県知事、県職員に10万円寄付求めず「地域経済支えるため使って」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の給付金について、熊本県職員に寄付などを求めない考えを示す同県の蒲島郁夫知事=熊本市中央区の県庁で2020年4月22日午前10時5分、城島勇人撮影

 広島県の湯崎英彦知事が同県職員が受け取った新型コロナウイルスの一律給付金(10万円)を事業者への休業支援などに活用する考えを示したことに関連し、熊本県の蒲島郁夫知事は22日の記者会見で「個人の自由であり、強制はできない」と述べ、自身は熊本県職員に寄付などを求めない考えを示した。

 蒲島知事は「広島県の考え方も理解できる…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです