メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死亡男性遺族に「陽性」と誤伝達 顔を見ることもできず火葬 横浜市が謝罪

 横浜市は22日、3月に亡くなった市内の80代男性の遺族に、新型コロナウイルスの検査結果を誤って陽性と伝えていたと明らかにした。このため遺族は火葬の前に遺体に触れたり、顔を見たりすることができなかった。火葬後に陰性と判明。市は遺族に謝罪した。

 市の担当者は「確認が不十分だった」と釈明。伝達ミスの判明…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです