メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不良品マスク「配布前に除外した。配布計画は変更しない」 菅官房長官

カビが生えていることが確認された全戸配布用の布マスク=関係者提供

 政府が全戸配布用に包装を始めた布製マスクにカビの付着や虫の混入など不良品が見つかった問題で、菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「配布前に除外しており、計画を変更する予定はない」との方針を明らかにした。

 菅氏は「1住所当たり2枚の布製マスク配布では、メーカーの検品に加えて、メーカーから納品された商品を確認した上で配布を行い、品質の担保を図っている。生産、流通の過程において、一定程度の不良品が生じることはあるが、実際の配布を行う前段階において適切に除外されている」としたうえで、「現時点において計画を変更する予定はない」と述べた。

 ただ、厚生労働省は18日、自治体に発送した妊婦向けの布マスクに関して「変色している」「髪の毛が混入していた」などの報告が相次ぎ、80市町村で1901件の報告があったと発表。さらに加藤勝信厚生労働相は21日、現時点での不良品は143市町村で7870枚だったと発表した。厚労省は自治体に確認徹底を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです