メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

宝塚元スターたかね吹々己さん芸能界引退 旅館おかみに がん手術で決断

元宝塚雪組トップスターのたかね吹々己さん=京都市上京区で2020年4月8日、菱田諭士撮影

 元宝塚歌劇団雪組トップスターのたかね吹々己(ふぶき)さん=旧芸名・高嶺ふぶき=が、5月末で芸能界を引退する。3月に甲状腺がんが判明し、5月に手術を受けるためだ。「思っているように歌えなくなる。ずるずるやるよりも、きっぱり諦めようと決めた」。引退後は瀬戸内の島で旅館のおかみに転身する。【水津聡子】

 たかねさんは京都市出身で、1983年に宝塚に入団。端正な容姿と美声で早くから男役として注目を集める一方、女役から悪役まで演じる多才ぶりを発揮。96年の「エリザベート」初演ではオーストリア皇帝、フランツ・ヨーゼフ役で圧倒的な存在感を見せ、同年にトップスターに上り詰めた。

 「柴田先生(脚本・演出家の故柴田侑宏氏)が『役者バカ』と言ってくださって。最高のほめ言葉ですよね」。柴田氏演出の退団公演「仮面のロマネスク」(97年)では危険な香りのする青年貴族を好演し、宝塚の代表作の一つとなっている。

 退団後は女優として舞台などで活躍した。しかし、持病であるバセドー病の検診で、甲状腺がんが見つかった。手術すれば声帯に影響しかねない。「芸のために日々精進してきた。今のレベルより下がった歌では自分で許せない」と引退を決意した。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです