特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

売り上げ激減でも臨時ボーナス「つぶれても人さえいれば再建できる」経営者の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
従業員への臨時ボーナス支給についてウェブ会議システムで語る須崎屋の伊藤剛社長=2020年4月17日、久野洋撮影
従業員への臨時ボーナス支給についてウェブ会議システムで語る須崎屋の伊藤剛社長=2020年4月17日、久野洋撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で自社の売り上げが激減する中、従業員に臨時ボーナスや金一封を支給する中小企業がある。苦しい時だからこそ、従業員を守ろうと踏ん張る社長たちを取材した。

 「満足のいく額ではないが、当面の生活のために使ってください」。長崎県・島原半島の先端に位置する南島原市にある創業153年のカステラ店「須崎屋」。伊藤剛社長(52)は3月25日の朝礼で、従業員25人に5万円が入った封筒を手渡した。働き出してまもない学生アルバイトらにも1万~3万円を渡した。

 卵の黄身の割合を増やした高級品「五三焼カステラ」が看板商品の須崎屋は、東京の百貨店や長崎空港、ハウステンボスなどにカステラを出荷していた。しかし、新型コロナの感染拡大を受けた納入先の臨時休業などで売り上げは半減。2月から製造量を減らし、女性のパートが大半を占める従業員の中には、収入が3割減った人もいた。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1568文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集