メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR九州 4月鉄道収入7割減 社員の一時帰休検討 駅ビル家賃も減免・猶予

「3密」を避けるため青柳俊彦社長と記者の間隔を取って開かれたJR九州の記者会見=福岡市で2020年4月22日、石田宗久撮影

 JR九州は22日、4月1~20日の鉄道取り扱い収入が前年同期比74・3%減の40億円だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による利用減や減便・運休の影響で、減収幅は過去最大。記者会見した青柳俊彦社長は「非常に厳しい状況だ」と語り、感染予防の観点でも社員の一時帰休を検討していることを明らかにし…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです