特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

妊娠中でも休めない医療従事者 「国は妊婦を一律出勤停止にして」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療機関の救急外来=関係者提供
医療機関の救急外来=関係者提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、妊娠中の医療従事者から「感染リスクが高いのに、現場を離れられない」との声が上がっている。厚生労働省などは妊婦が休みやすい環境を整えることを求めているが、患者急増のなか、医師や看護師らが少ない地域では休むことが難しいケースもある。

 関東地方の病院に勤める、妊娠中の30代女性医師は救急医療の現場に立つ日々が続く。2月下旬から新型コロナに感染した疑いのある人も来院するようになった。同僚が配慮し、感染リスクを伴う検体採取は担当してくれるが、心配は尽きない。「保健所からの依頼による来院であれば、あらかじめ防護を強められるが、救急搬送の場合、全員に同じ対応はできない。特に意識状態の悪い患者の気管に管を入れる際、飛沫(ひまつ)を浴びる可能性が高くて危険だ」

 東京都内から救急搬送される患者も出てきた。「患者がさらに増えればリスクのある処置をやらなくていい保証はない」と憂える。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1306文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集