メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナに負けるな!繋がる栃木!」 宇都宮のデザイナーが飲食店応援プロジェクト

プロジェクトを始めた菅野さん=菅野さん提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、売り上げが減少している店舗を応援しようと宇都宮市のグラフィックデザイナー、菅野千恵さん(40)が「コロナに負けるな!繋(つな)がる栃木!」プロジェクトを始めた。休業中の飲食店が営業再開後に、利用できるチケットを事前に購入してもらうことで店を支援する仕組みで、高知県で始まった取り組みをヒントに企画した。菅野さんは「支援を必要とする飲食店とお客さんの橋渡しになれば」と話す。

 「すごく良い企画だな」。3月末ごろ、デザインやイベントの企画などをするグループ「悠々歓々(ゆうゆうかんかん)」代表の菅野さんは、インターネットで読んだ高知新聞の記事に興味を持った。高知市の有志が、新型コロナウイルスの影響で売り上げ減に悩む店を支援しようと前払いチケットを考案したという内容だった。「本当に困っている人は行政の支援を待っていられないはず。支援を必要としていることを周囲に気付いてもらう…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 東京オリンピックチケットの払い戻し締め切り 返金、12月下旬以降に

  4. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  5. 旧優生保護法は「違憲」 原告側の賠償請求は棄却 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです