メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「労働者として補償受けるのは当然」労組が学生バイト電話相談 新型コロナで被害

東京・新宿駅の駅頭で労働条件の改善をアピールする学生ユニオンのメンバー=首都圏学生ユニオン提供

 学生バイトも困っている――。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で被害を受けた学生アルバイトのための労働相談が、25、26の両日午後1~5時に開設される。

 電話相談は「学生アルバイトのための新型コロナウイルス関連労働相談ホットライン」として、学生らが作る労働組合「首都圏学生ユニオン」が主催する。ユニオンは、1人でも加入できる労働組合「首都圏青年ユニオン」(原田仁希委員長)の分会として…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです