メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「労働者として補償受けるのは当然」労組が学生バイト電話相談 新型コロナで被害

東京・新宿駅の駅頭で労働条件の改善をアピールする学生ユニオンのメンバー=首都圏学生ユニオン提供

 学生バイトも困っている――。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で被害を受けた学生アルバイトのための労働相談が、25、26の両日午後1~5時に開設される。

 電話相談は「学生アルバイトのための新型コロナウイルス関連労働相談ホットライン」として、学生らが作る労働組合「首都圏学生ユニオン」が主催する。ユニオンは、1人でも加入できる労働組合「首都圏青年ユニオン」(原田仁希委員長)の分会として…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです