メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知県が医療機関に「応援金」 新型コロナ患者受け入れ 1人100万~400万円

大村秀章知事=兵藤公治撮影

 愛知県の大村秀章知事は22日、新型コロナウイルス感染者を受け入れた県内の医療機関に、患者1人当たり100万~400万円を「医療従事者応援金」として交付すると発表した。医師らが家族への感染を防ぐためホテルに宿泊した際の費用や受け入れに伴うスタッフ増員の人件費、処遇改善などに充ててほしいとしている。受け入れ患者数に応じた交付金は全国初とみられる。

 応援金は症状に応じ、軽症・中等症の患者は100万円▽人工呼吸器が必要な重症患者は200万円▽人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を着けた重篤な患者は400万円。県内1例目の入院患者が出た1月にさかのぼって交付する。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです